自律神経失調症の治療

気になる症状が出だしたら

自律神経失調症は、主に過度なストレスが原因となってさまざまな不快な症状が出てきてしまいます。それは、イライラや倦怠感が異常に増して、肉体的にもめまいや動悸などが頻繁に起こってしまいがちです。 このような症状に気づき出したら、まずは心療内科や精神科へ受診することが大切です。しかし、自律神経失調症と疑わずに、内科や耳鳴りなどで耳鼻科へ受診する人も少なくありません。そこでの治療で回復しなかったり、医師から指摘されて心療内科などへ受診を変える人もいます。 自律神経失調症は、交感神経と副交感神経とのバランスが崩れることで起こるので、それらを上手く調整する治療が行われます。主に薬による治療となり、カウンセリングで心を落ち着かせ、静養することも大きな効果があります。気になる症状をそのままにせず、早い段階で診察してもらいましょう。

治療費の相場

自律神経失調症の治療費は、薬代を含めたもので1回が3,000円から4,000円というのが相場です。基本的に保険が適用されるので、大きな負担になることはありません。しかし、通院しなければいけないので、余裕を持って治療費を用意しておきましょう。 他にカウンセリングは別料金となる場合が多いので、病院にもよりますが、3,000円〜10,000円と幅広くなっています。これは、病院でカウンセラーが行う場合と、カウンセリング専門の施設で行われる場合とで大きく違ってきます。 症状が軽くなるにつれて薬の量を抑えたり、通院期間を長めにしたりと変えていくので、その分治療費も少なくなってきます。最初の頃は治療費がかさむ場合もありますが、症状を抑えることが優先なので、治療に集中して取り組んでいきましょう。

忘れてしまう病気

高齢者になるとアルツハイマーの病気になりやすいですが、この症状は物忘れとは違って基本的なことを忘れてしまいます。完全完治しないとされていますが、医学の進歩によって生活習慣や薬の使用で改善することもあります。

認知症の予防

認知症には現在根本的な治療法はありませんが、簡単なことで認知症を予防することができます。認知症を予防するにはたばこなどを吸わないようにし、健康的な食生活と適度な運動を心掛けるようにしましょう。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症は病院で治療する事ができるので、比較的安い金額で治療できる傾向にあります。しかしそれでもよくならない場合には、漢方やマッサージなども利用できますが自費になってしまいます。