認知症の予防

日本はアルツハイマーなどの認知症を起こす人の割合が高く、多くの高齢者の方がアルツハイマーなどの症状を発症しています。アルツハイマーになると記憶障害が起きるようになり、物忘れや少し前の記憶などがなくなってしまうことが多くなります。症状が進行すると自分が誰なのかもわからなくなったり、自宅の場所を忘れてしまって迷子になってしまうなど生活に大きく影響してきます。アルツハイマーには根本的な治療法はまだ存在していないため、発症した際は何らかの方法で進行を遅らせることしか方法がありません。アルツハイマーを治療することはできませんが、予防を行うことで将来アルツハイマーが発症する確率を下げることができます。年齢を重ねてくることでちょっとした物忘れなどで老いを感じてきた方は、アルツハイマー予防を心掛けましょう。

認知症の予防で最も効果的なのは、なるべく身体を老化させないようにすることです。身体を健康的に保つために必要とされているDHAなどの健康成分やビタミンなどの有効成分を良く摂るようにすることが、身体だけでなく認知症にも効果的だと判明しています。また適度な運動を行うことでも認知症を予防することができます。定期的な運動やトレーニングなどを行うことで脳を活性化させ、身体の代謝を活発化させることによって身体が老化しにくくなります。健康を大事にして認知症を防ぐためにはたばこを吸わないようにすることも大事です。近年ではたばこを吸う人は認知症を発症しやすくなるという実験結果が発表されていて、吸わない人に比べて発症するリスクが約2倍程高くなると言われています。認知症の予防を行う際はまずたばこなどを吸わずに健康的な食生活を心掛け、適度な運動を行えるようにしましょう。