自律神経失調症の症状

自律神経失調症とはリラックス作用がある副交感神経と活動作用のある交感神経の2つがあり、バランスを保っています。しかしストレスなど様々な原因によってこのバランスが崩れる事によって、体調不良を起こしてしまう事を言います。 自律神経失調症になってしまうと頭痛や吐き気、めまいに、憂鬱感やだるさなど心身ともに不調が出てしまうので毎日の生活に支障が出てしまいます。しかし自律神経失調症も治療することによって改善できる事も多いのです。治療費の傾向ですが、健康保険が適応でされる治療もあるので、数千円で治療できるのです。 また病院以外の治療方法としては漢方薬、カウンセリング、ハリ治療やマッサージなどがありますが、これらは保険がきかないため自費になります。

自律神経失調症は現代では多くの人が悩んでいる症状の1つです。気分の落ち込みやだるさ、めまい、頭痛、激しい肩こりなど原因不明の体調の悪さがあると自律神経失調症に分類されることも多いようです。 これは1961年ごろに定義された病気ですが、1つの病気として認めていない所も多いのです。しかし実際にこの自律神経失調症で悩んでいる人は多く、精神科や心療内科などでも治療を行っています。 近年では病院での治療だけでなく、ハリ治療や漢方薬などの東洋医学、マッサージなどのリラクゼーション、またカウンセリングなどで原因を探ることによって治療を行っている所も多いのです。 ストレスや不安感、またホルモンバランスが乱れてしまう、生活習慣の乱れなど様々な原因によって起こってしまいまうのです。